腎臓病の食事はタンパク制限してもカロリー摂取が重要だ

腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、病気と無縁の生活状態を意識することで心身ともに活力溢れた毎日を過ごすことが可能です。ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり日常に支障をきたさないものもあるため、常日頃の健康管理が大切です。尿に違和感があった際には、すぐに医師へ相談しましょう。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿をつくりはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を創るはたらきをしたり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。腎臓の治療は持ちろん病院にきて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大切です。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することにつながります。食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をお奨めします。天然の味をおいしく食べることが可能です。肉・魚・卵・大豆製品(豆腐、油揚げ、豆乳、味噌、どれも体にいいイメージがありますね。ただ、食べ過ぎると良くないという説もあるようです)・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方にむけた「低たんぱく質食品」が市販されています。まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談して下さい。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、メニューに関するアイデアや、あるいは食塩の抑え方などを指導します。たとえば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管がたくさん存在している場所でもある為す。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿とともに排泄します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、あるいは、赤血球を創るホルモンや血圧の調整、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの必要不可欠なはたらきをしています。腎臓ははたらきが弱くなると病状が進んで次は腎不全と呼ばれる状態になります。腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長期間にわたりじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、腎臓の機能回復が期待できます。ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。食事療法については、栄養士に教えてもらいながら様々な工夫についてしることが可能です。開業医さんで食事指導を受けられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思っております。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大切です。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、カロリー摂取が満たされないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。腎臓の機能に異常が顕れた時は、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早い段階で治療が実現できるので、腎臓の機能の低下を防いだり、遅延も見込めます。治療法も多様化してき立ため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものには多種イロイロな治療法も増えているので、患者自身の現状に照らし合わせた最新の治療が期待できます。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。濃縮加工した野菜ジュース(手作りすると、栄養満点のジュースができます)は、生の野菜や果物とくらべてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、日頃から野菜ジュース(手作りすると、栄養満点のジュースができます)を多量に摂取した場合、さらに高カリウム血症の症状が顕れる畏れがあります。。こちらもおすすめ⇒腎臓病 食事 宅配 口コミ